Follow Me 最新情報はこちら
公式Facebookアカウント
公式Twitterアカウント
作品紹介

持っているのは、豊かな想像力

 赤毛で、そばかすだらけで、やせっぽち。お世辞にも美少女とは言えないけれど、豊かな想像力と楽しいおしゃべりで周囲の人々をとりこにしてしまう──。カナダのL.M.モンゴメリが生み出し、世代を超えて愛され続ける少女アンが、スクリーンに帰ってくる!
 カナダのプリンス・エドワード島を舞台に、アンが巻き起こす騒動と彼女の成長を描いた不朽の名作「赤毛のアン」は、1908年に出版されて世界的ベストセラーとなった。日本では、翻訳者の村岡花子の半生を描いたTVドラマ「花子とアン」が話題になったことも記憶に新しい。
 たびたび映像化・舞台化され、1989年に日本公開されたミーガン・フォローズ主演の『赤毛のアン』も好評を博したが、今回は原作の世界観を伝えるのに最もふさわしい人物のひとり、モンゴメリの孫娘ケイト・マクドナルド・バトラーが製作総指揮に参加していることから、世紀を超え、満を持しての決定版とも言える劇場版となった。
 アン役には、オーディションによって選ばれたカナダ出身のエラ・バレンタイン。ミュージカル「レ・ミゼラブル」のトロント公演でコゼットを演じた実力派で、『ザ・モンスター』などの映画でも活躍している。三つ編みの似合う、小説のイメージにぴったりの容姿と年恰好であることが嬉しい。

 口下手だがアンをこよなく愛し、よき理解者となるマシュウ役には、ハリウッドの名優マーティン・シーン。『地獄の黙示録』でブレイクし、近年は『ディパーテッド』や息子エミリオ・エステヴェス監督の『星の旅人たち』に出演。TVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」の大統領役でファンを増やした。厳格だが愛情深いマリラ役には、カナダ出身の名女優サラ・ボッツフォード。カナダと米国の映画・舞台・TVに出演し、演出も手がける才人だ。性格のまったく異なる兄と妹を、ふたりはそれぞれ軽妙かつ味わい深く演じている。
 花が一斉に咲き誇る春から、白銀の冬まで、世界一美しいと言われるプリンス・エドワード島の四季を背景に、カナダの精鋭スタッフが愛情を込めて織り上げたアンの世界。ユーモアと人情味あふれテンポよく描かれる物語は、原作の愛読者にも、本作で初めてアンと出会う人にも、温かい笑いと涙と、清々しい感動をもたらすことだろう。